CORNESバイオガス
バイオガス基礎知識[バイオガス生成]
嫌気性発酵(メタン発酵)とは

 酸素のない嫌気性条件において、様々な有機物が多様な微生物の代謝作用によりメタンと二酸化炭素に分解される現象です。メタン発酵により生成されるバイオガスや消化液は、それぞれエネルギー資源、肥料として回収利用することができます。

バイオガスプラントは、嫌気性発酵を利用しています。バイオガスプラントの仕組みとしては、まず原料となる有機物を嫌気状態の発酵槽に送り込み、一定の温度で加温しながら攪拌します。微生物の作用により、加水分解、酸生成、酢酸生成と発酵過程が進み、最終的にメタン生成菌と呼ばれる微生物の作用によってメタン60%、二酸化炭素40%からなるガスが発生します。このガスをバイオガスと呼んでいます。

バイオガスには、メタン、二酸化炭素の他に水分や硫化水素、アンモニア、その他微量の様々な成分が含まれていると言われています。その中でも硫化水素は、燃焼装置などに悪影響を及ぼすため、硫化水素を除去(脱硫)後、ガス発電機やボイラーの燃料として利用します。
家畜ふん尿処理の場合

好気性発酵(堆肥化)

嫌気性発酵

分解方法

酸素が存在する条件で行う

無酸素の状態で行う

処理方法

処理を行う際、切り返しなどを行って内部にまで十分に空気を行き渡らせる作業が必要。

一定の温度で加温し、攪拌する

家畜のふん尿処理方法は数種類ありますが、全て微生物の作用で分解します。
家畜ふん尿をバイオガスプラントで処理する場合、ふん尿を密閉した状態で処理するため悪臭の原因となる物質や、処理過程で発生する温室効果ガスを大気に放出しません。
また、処理後のふん尿は即効性のある良質な肥料として利用することができます。

ラボラトリーでの発酵試験

ラボラトリーイメージ バイオガスプラントでは、家畜ふん尿だけでなく、食品残渣や農産物残渣など有機物であれば、メタン発酵による分解、バイオガス生成が可能です。
コーンズ・バイオガスではメタン発酵の原料となり得る未利用資源について、発酵試験を行い、バイオガス発生量などのデータを収集しています。
発酵試験の結果は、バイオガスプラントの建設プラン作成時に、家畜ふん尿以外の有機物利用を検証する際のデータとして利用します。
バイオガスプラントとは
バイオガスプラントの活用

個人農場型プラント
個人モデル
お客様の声

集中型プラント
市町村モデル
導入実例
建設実績
建設スケジュール
バイオガスプラント構造

バイオガス基礎知識
環境対策
バイオガス施策
環境対策
資料請求はこちら
取り扱い営業所
ページ上部へ

 会社概要プライバシーポリシー

Copyright (c) 2008 CORNES & COMPANY LIMITED. All rights reserved.